その他

らしく生きよと猫は言う

イギリスのイラストレーターによる猫イラストエッセイを猫好き作家・角田光代が翻訳しました。猫の特徴をとらえた愛きょうたっぷりのイラストが並び、かしこく、つよく、しなやかに……、猫から教わる生き方のコツが満載です。角田光代の猫との暮らしについての書き下ろしエッセイも掲載!

詳細情報

  • 者 マイケルオマラ出版社
  •  ジェイミー・シェルマン
  • 訳 角田光代
  • 価 本体1,200円+税
  • ISBN 978-4-88574-049-7
  • 型 四六
amazonで購入

マンガで見る 決戦! 日本史
徳川家康と関ヶ原の戦い

最新の見解で、子どもから大人までわかりやすく楽しめる「マンガで見る決戦!日本史」シリーズの第二弾は、徳川家康を主人公に、2020年に420周年を迎える「関ヶ原の戦い」について紐解きます。「開戦前の三成襲撃事件はウソだった?」「秀忠遅参は作戦通り?」など、戦いの裏に隠された真実に迫ります。

詳細情報

  • 監 修 加来耕三
  • 原 作 井手窪 剛
  • 作 画 瀧 玲子
  • 定 価 本体1,000円+税
  • ISBN 978-4-88574-452-5
  • 判 型 A5
amazonで購入

マンガで見る 決戦! 日本史
明智光秀と本能寺の変

最新の見解で、子どもから大人までわかりやすく楽しめる「マンガで見る決戦!日本史」シリーズの第一弾は、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公でもある明智光秀!
信長の腹心として信長の天下布武に尽力するも、実現の一歩手前で信長を裏切った、謎多き彼の人物像に迫ります。

詳細情報

  • 監 修 加来耕三
  • 原 作 月川明大
  • 作 画 かわのいちろう
  • 定 価 本体1,000円+税
  • ISBN 978-4-88574-450-1
  • 判 型 A5
amazonで購入

ぷにぷに肉球まつり
ねこきゅう

ぷにぷにしたい! 触りたい! かわいいにゃんこの肉球にスポットをあてた魅惑の写真集です。
ゴロンと寝転がって見せてくれる肉球から、下から見た肉球や、物陰からチラリとのぞく肉球などなど。様々な角度、シチュエーション、ポーズでお届けします。

目次

  • ペタンとねこきゅう
  • ねこきゅうダンス
  • ゴロンのねこきゅう
  • しっかりねこきゅう
  • チラリとねこきゅう
  • ねこきゅうパンチ
  • 遊んで! ねこきゅう
  • 下からねこきゅう
  • column
    ねこきゅういろいろ
    ねこきゅう シャッターチャンスの作り方

詳細情報

  • 写 真 小川晃代、湯沢祐介
  • 定 価 本体920円+税
  • ISBN 978-4-88574-068-8
  • 判 型 150×150mm
amazonで購入

アナグマはクマではありません
The unknown life of Japanese badgers

しあわせ動物写真家・福田幸広がおくるニホンアナグマの写真集。
クマのような名前で、狸のような見た目ですが、イタチ科で日本の本州であればどこにでもいるといわれているのに、生態に関しては未知の部分の多い「ニホンアナグマ」。そんなニホンアナグマを5年という歳月をかけて追い続け、日本で初めて撮影に成功した記録をまとめた一冊です。

目次

プロローグ 寝ても覚めてもアナグマです
第一章 アナグマはクマではありません
第二章 アナグマがカメラのレンズを拭いたんです
第三章 アナグマがジェジェジェビームを発射しました
第四章 アナグマはジェジェジェビームを使う不思議な動物です
エピローグ やっぱりアナグマは穴グマです

詳細情報

  • 著 者 福田幸広
  • 監 修 田中浩
  • 定 価 本体2,200円+税
  • ISBN 978-4-88574-067-1
  • 判 型 A4変形
amazonで購入

3.11絆のメッセージ
世界から届いたエールと被災地のいま

3月11日に発生した東日本大震災から二カ月……それまで当たり前だった何もかもが変わってしまったあの瞬間から、いま被災地の人々はどんな思いを抱え、復興を目指しているのか。現地取材による被災地の人々の「心の声」の記録に加え、被災地を励ますために届けられた世界中の応援メッセージやネットの「つぶやき」の数々を紹介。すべての人々が「これから」を共に一丸となって立ち上がるためのエールブック。

詳細情報

  • 者 被災地復興支援プロジェクト
  • 定 価 本体1,000円+税
  • ISBN 978-4-88574-311-5 
  • 判 型 四六
amazonで購入

クジラと日本人の物語
―沿岸捕鯨再考―

日本人とクジラの長い共生の歴史を、各地域のクジラの研究者6名がくわしく紹介。日本における捕鯨の独自性や、現在語られている捕鯨論争の問題点などが見えてくる。

詳細情報

  • 編 著 小島孝夫
  • 定 価 本体1,600円+税
  • ISBN 978-4-88574-058-9
  • 判 型 A5
amazonで購入